「一歩先の、安心と情報を。」株式会社松島組は
徳島県地域中心にチャレンジします。


column

注文住宅と建売住宅どっちにする?違いを徹底比較

2020.05.18

住宅の購入を考えるときに、「注文住宅にするか」「建売住宅にするか」で悩む人も多いでしょう。しかし、それぞれの違いやメリット・デメリットについて理解すれば、どちらを選ぶかの決断もしやすいはずです。

住宅は人生における三大支出のひとつともいわれており、何度もするような手軽な買い物ではありません。適切な判断をするための材料をできるだけ集めて、理想のマイホームを手に入れたいものです。そこでこの記事では、注文住宅と建売住宅の違いについて詳細に説明していきます。

注文住宅と建売住宅の違いとは?

一戸建て住宅は、大きく分けて「注文住宅」と「建売住宅」の2つがあります。注文住宅は、「土地を買って家を建てる方法」です。オーダーメイドで設計してもらった理想のマイホームを一から建てられるのが最大の魅力でしょう。

ただし、土地から購入する場合は、「建築条件の有無」に注意しなければいけません。建築条件が有りの場合は、あらかじめ指定された施工会社でないと、住宅建設ができない契約になっているからです。建築条件が無ければ、購入者が自分の好きな施工会社に工事を依頼できます。

一方、建売住宅は、「土地付きの住宅を購入する方法」を指します。つまり、あらかじめ建物が建設済みの住宅を購入するということです。なかには、建物の完成を待たずに売りに出されているパターンもありますが、この場合も建築許可が下りていることがほとんどです。購入後に、自分の思い通りに設計を変更することは基本的にできません。

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリット

注文住宅における最大のメリットは、「自分の思い通りの家が作れる」ということです。注文住宅は、自分の希望を細かく設計士に伝えられます。間取りはもちろん、壁紙の色や備え付け家具のデザインなども自由にオーダーできるのは大きな魅力です。

「北欧風のデザインで統一したい」「自然なぬくもりが感じられる家にしたい」など、マイホームに対するテーマがある場合に、特に向いているでしょう。

自由度が高いということは、予算を考えながら設計できることも意味します。住宅建設を行うときは、一般的に住宅ローンを組むケースが多く、経済状況によって必然的に予算も決まってきます。注文住宅であれば、限られた予算のなかで、設備やデザインにおける優先事項を決めて、自分の希望に沿った柔軟な選択ができるでしょう。

注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリットは、手間がかかるという点です。注文住宅を建てる際は、自分の理想を実現するために、土地探しからこだわらなければいけません。周辺環境や土地の面積・形状など、検討すべき条件が多くなりがちなので、慣れていない人は戸惑ってしまうこともあるでしょう。

また、注文住宅を建てるにあたっては、設計士や施工会社など、工程ごとに複数の契約先とやり取りをする必要があります。自分の意志をしっかりと住宅に反映させるためには、関係各所との丁寧なコミュニケーションが不可欠でしょう。

こうした対応を自分で行うのは大変だと感じることはありますが、手間をかけた分、理想の家ができあがったときの喜びはひとしおです。

建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅のメリット

建売住宅のメリットは、あらかじめ購入総額が把握できることです。建物や土地の購入には、さまざまな手続きや税金が関係してきます。

注文住宅のように、土地の購入や建物の建設がバラバラだと、それぞれ細かく金額を計算していかなければなりません。計画を進めていくうちに、状況が変わることも多いため、最終的にいくら払うか、購入初期段階では把握しにくいことも多くあります。

建売住宅であれば、基本的に土地と建物の価格がすべて込みで表示されているため、税金や各種手数料の総額も把握しやすいでしょう。

また、基本的には建物が完成してから購入することになるため、短期間でマイホームが手に入る点もメリットです。完成した建物を内見してから購入することが可能なので、「事前のイメージと違う」といった購入後のトラブルは起きにくいでしょう。

建売住宅のデメリット

建売住宅のデメリットとしては、自由度が低い点が挙げられます。あらかじめ間取りやデザインが決められた住宅を購入することになるため、自分の理想とするマイホームが見つからないこともあるでしょう。

建売住宅は、まとまった土地に同じ仕様の家を何棟も建てるのが一般的です。そのため、どうしても周りの家と似たような外観になってしまいます。また、隣の敷地との間隔が狭くなりがちなのも、人によっては大きなデメリットでしょう。

理想の家を手に入れるなら注文住宅がおすすめ

注文住宅の最大の魅力は自由度の高さです。ありとあらゆる部分を自分の思い描いたように設計できるため、理想の住宅を手に入れられます。建設にあたって手間はかかりますが、マイホームには何十年も住むことを考慮すると、後悔しないような住宅を手にいれるほうが大切でしょう。

まだ自分のなかに明確なイメージがなくても、設計士と相談しながら理想を具現化することも可能です。「せっかく家を買うならとことんこだわりたい」と考えている人には、注文住宅をおすすめします。

松島組のFacebook 代表 松島のFacebook
松島組のInstagram WOODBOXのInstagram

お問い合わせ・
資料請求はこちらから

電話をかける

お電話でのお問い合わせ

0883-24-1233