「一歩先の、安心と情報を。」株式会社松島組は
徳島県地域中心にチャレンジします。


column

「ベタ基礎」と「布基礎」の違いについて

2020.09.23

家を支える「基礎」には、大きく分けて「べた基礎」と「布基礎」、「独立基礎」という3種類があることをご存じでしょうか?
基礎は、家の重さを地盤に伝える大切な下部構造で、耐震性を左右するものです。
家を建てる時はついデザインや間取りを考えることに時間を費やしますが、家の強度を左右する基礎についても知っておく必要があります。
戸建住宅では、「独立基礎」はほぼ採用されていませんので、ここでは、「べた基礎」と「布基礎」についてお話をしたいと思います。
「べた基礎」と「布基礎」とはどのような構造なのでしょうか。それぞれの違いを比較して、メリットとデメリットなどについてご紹介いたします。

ベタ基礎について

ベタ基礎は布基礎よりも強度が高いと言われています。

日本の戸建て住宅は、長い間後述の布基礎が主流でしたが、阪神淡路大震災以降、戸建て住宅にも安定性のあるべた基礎が多く使われるようになり、近年ではほとんどの戸建住宅でべた基礎が採用されています。
阪神淡路大震災以降にいくつかの災害があったことも、丈夫な家を作りたいというニーズを高め、べた基礎が普及したためでしょう。

ベタ基礎の構造

べた基礎は、基礎梁と、基礎梁で囲まれたスラブでできています。
べた基礎の施工手順は、家が建つ部分の土地を掘削して整えた後に、砕石を敷き圧力をかけて固め、その上に防湿シートを被せます。そしてその上に鉄筋を組み、全体をコンクリートで埋めてしまいます。
地面に接する部分をコンクリートで埋めることで、面が出来上がり、この面で家の重さを支えることになります。
重い建物を建てるときや軟弱な地盤に建てるときは、面で支える構造のべた基礎で建てることが必須とされています。

ベタ基礎のメリット・デメリット

メリット

べた基礎の一番のメリットは強度です。上に建っている家の重量を面で支える構造のため、耐震性に優れています。耐震性については、しっかりと構造計算がされているか確認することをおすすめします。しっかりと構造計算されたべた基礎だからこそ、耐震性が高いと言えるからです。
また、べた基礎は、地面を全てコンクリートで覆う構造のため、シロアリの侵入も防ぐことができ、地面からの湿気も入りにくいこともメリットの一つです。

デメリット

デメリットとしてはコスト面です。べた基礎は、地面を全て鉄筋が入ったコンクリートで覆っているため、コンクリートや鉄筋の使用量が多くなり、その分コストがかかります。
また、家を建てる部分の広い面積を掘削するため大量の残土が発生し、残土の処理費用もかかります。
これらの理由から、後述する布基礎よりもべた基礎の方がコストはかかります。

布基礎について

布基礎は、古くから日本の家づくりの基礎となっていた作り方です。
布基礎と言っても布を使用している訳ではなく、所説ありますが形状が布の繊維に似ているというところに由来していると言われています。

布基礎の構造

布基礎は、まず家を建てる位置に基礎を作るため、支える部分に穴を掘削します。掘った部分に砕石を敷き圧力をかけて固め、捨てコンクリートで平らにします。その後に鉄筋に組み逆T字を作っていきます。鉄筋の周りに型枠を組み、型枠にコンクリートを流しこんで、逆T字の基礎を作っていきます。
建築基準法では最低ラインは決められていますが、基礎部分が土に深く入っているほど強度は高くなります。布基礎は、このように枠を作り逆T字の基礎で家を支えるので、線や点で支えている構造です。

布基礎メリット・デメリット

メリット

布基礎のメリットは、べた基礎と比較すると、掘削量やコンクリート使用量が少ないため、比較的コスト面で安価になることです。
また、北海道などの気温が低く地面が凍る土地の多い地域では、布基礎が選択されます。
理由としては、地面が凍る深さを「凍結深度」と言いますが、建築基準法では、基礎は凍結震度よりも深いところに作らなければなりません。凍結深度よりも深いところに基礎を作らなければならないということは、それだけ多く掘削しなければなりません。その分コストがかかるため、土地が硬くしっかりしており、布基礎でも耐震性が十分と判断される場合は、布基礎が選ばれるのです。

デメリット

デメリットとしては、構造的に基礎の立ち上がり部分のみで家を支えている、という点です。全体に鉄筋コンクリートが入っているべた基礎よりは、支える部分が少なくなります。
また、べた基礎のように地面全体をコンクリートで覆う構造ではないため、十分にシロアリ対策や湿気対策をしなければならない点があげられます。

ベタ基礎と布基礎はどちらが良いの?

ベタ基礎と布基礎のメリットデメリットを解説してきましたが、項目ごとに比較してみましょう。

コスト面

ベタ基礎は、掘削量やコンクリート使用量が多くなる傾向にあるため、布基礎よりもコストが高くなります。コスト面を考えるなら布基礎の方が良いですが、見積もりを比較してみると、実際はそこまで大差ない場合もあります。

耐震性

ベタ基礎は面で支える構造なので、家の重量を分散させるため安定性があります。布基礎は点で支えるためベタ基礎に比べると劣りますが、布基礎だから弱いということではありません。また、ベタ基礎なら耐震性が高いのかと思われがちですが、「ベタ基礎=耐震性が高い」ということにもなりません。耐震性とは、地盤・基礎・建物の総合的な要素で決まります。ベタ基礎にするということは、要素の一つである基礎がより強くなり安定感が増すということになります。

シロアリ・湿気対策

ベタ基礎は床下全体をコンクリートで覆ってしまうため、シロアリ・湿気対策には有効です。布基礎の場合もシロアリ・湿気対策をする方法もありますが、ベタ基礎の方が効果は高いでしょう。

総合的な判断でいい家を建てよう

家を建てる時に耐震性を高めるなら、基礎を考えることはとても大切です。
ベタ基礎はコストがかかる傾向にありますが、より安心な基礎構造と言えるでしょう。
松島組は、お客様のいい家を作るために一緒に考えていきます。今回ご紹介した基礎のことも予算など含めてぜひご相談ください。

松島組のFacebook 代表 松島のFacebook
松島組のInstagram WOODBOXのInstagram

お問い合わせ・
資料請求はこちらから

電話をかける

お電話でのお問い合わせ

0883-24-1233